記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この人苦手だな~と思う時、ありますよね?

どんな要素が苦手、嫌い、なのでしょうか?

私は
思ったことをはっきり言う人が苦手でした。

その人の前にいくと萎縮し
顔色を伺っている自分に気づきました。

とっても疲れました。

その人がいる、と聞くだけで
もう集まりには行きたくありませんでした。

怖くて支配的に感じました。

どうしてこんなにこの人のこと
イヤなんだろう? と
思ったままを紙に書いていくと

私が私の正直な気持ちを否定し、抑え、
ダメだと思ってた、ということに気づきました。

幼い頃は、のびのび 結構はっきり言えてたのに
小学校高学年くらいから、言えなくなっていました。

本当の気持ちを感じてはダメ!
正直な気持ちを言うと否定される!

と思い込んできました。

家では子供たちを上から押さえつけ
はっきりズケズケ、ガミガミ言って
いうことを聞かせようとしているのに

一歩外に出ると、
人からどう思われてるか
すごく気にしている私がいました。

私が私の気持ちを否定し
私が私の感情を抑圧してたんです。

自分の気持ちを全部紙に書き
まだ好きになれないけど
そう思ってたんだね、と

そのまま感じて味わったら

あの苦手な人が実は
表裏のない、
つきあいやすい人に見え

はっきりものを言うけど
その言葉に愛を感じるようになりました。

正直な気持ちも
だんだん言えるようになりました。

自分が自分とどうつきあってるかが
外の人間関係に反映されるんだな~と 思いました。

出会う人、出会う人

あ、素敵だな
あ、苦手だな、と思ったら

すぐ

要素を紙に書き
私の中に見つけます。

見つかると な~んだ、
全部私だったのね、と 心が軽くなります。

心の器がまたひとつ、広がった感覚。

まだ好きになれなくてもいい
ただ、自分の中にある、と気づき認める。

人との関係の中から
学べることは本当にたくさんあるのですね。

関連記事




ページ上部へ戻る