記事の詳細

今の仕事をスタートしたのが16年前の今日。

 

普通の主婦からの起業。

まだ上の子供たちは小学生。

そして私はシングルマザーになり。

 

反対されるので一人黙って自宅とは別にセラピールームの部屋を借り、
モニタークライアントさんを募集し
たくさんの色々なことを乗り越え、ここまで続けてこれた。

 

あ〜あの頃はまだ本当に未熟だったな。

 

私はセラピストの資格がない!
やめた方がいい!と何度思ったことか。

 

「1万時間の法則」というのがある。

 

どんな分野でも、
だいたい一万時間程度継続してそれに取り組んだ人は、
その分野のエクスパートになるという経験則のこと。

 

 

1万時間はとうに超えているけれど
まだまだ上を目指したいから学びを続けている。

 

 

新しいことを学ぶ時はいつも、また一年生からスタート。

 

 

「知ってる」
「わかってる」は落とし穴。

 

 

まだまだ「知らない」し
まだまだ「わかってない」のだから。

 

 

同じことでも繰り返し繰り返し学ぶ。

 

 

それがいつの間にか
自然と空気のように
そのスキルを使えるようになっている。

 

 

忙しくて子供たちに手をかけれなかったことも
振り返るとそれで良かったと思える。

 

 

こんな楽しい50代を過ごせるなんて
望むライフスタイルを自由に創れることをあの頃の私に伝えたい。

 

 

何も不安も心配もいらないよ、と。

 

 

 

16年。

 

楽しかった。

 

 

さあ、次はどんな世界を創ろうか。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事




ページ上部へ戻る