記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分を責めても1ミリもいいことない
と昨日のブログに書きました。

 

そう!
1ミリどころか、全くいいことない!

ので、責めてることに気付いたら

「責めてる時は暇な時!」と唱えると、結構やめれますよ。

 

責めると、
心の中の「坊(千と千尋の神隠しに出てくる巨大赤ちゃん)」に
餌をあげてるのでどんどん「肥える」のです。

 

 

肥えるとさらに巨大化し、
もっともっと
くれくれ
何々された!
世話しろ!
が大きくなります。

 

子供で言えば
親のスマホなのに
まるで自分のもののように思っていて
親が使いたくて取り上げるとめちゃくちゃ怒る!みたいな。

 

私のものは私のもの
親のものも私のもの

 

ジャイアンか?
いや、ジャイ子か?

 

そんなふうに
してしまっていませんか?

 

子供のギャーギャーが聞きたくなくて
ついスマホを与えて大人しくさせてきた。

 

そのツケはいつか必ず来てしまうのです。

 

 

それは、小学校に上がってから。
思春期になってから
親元離れてから。。。

 

 

どんな感情も感じてダメなものはない!!

 

でもずっと
「ダメ」だと思ってきたんですね。

 

 

泣かれると辛いから
つい泣き止ませようと
おっぱいやミルクで蓋をし
アイスやオヤツやおもちゃで

 

誤魔化してきたんですね。

 

 

泣かれると
責められてるように
感じたんですね。

 

 

それはそれは
辛かった、ですね。

 

 

ネガティブな感情はダメじゃないのです。

あらゆる感情を、もっと大切に扱ってください。

 

 

人間なんだもの。
ロボットじゃ、ないんだもの。

by 相田みつを

 

 

そうすると
ダメなものはダメ!と

 

キッパリはっきり言えるようになり
「坊(子供ごころ)」はやっと
大人しく言うことを

 

聞くようになるのです。

 

やってみてね♪

関連記事




ページ上部へ戻る