記事の詳細

自分が何を求めているのか
何が好きなのか
どうしたいのかわからない
という方が多いです。

 

自分で選べない
誰かが選んでくれたらそれにする
けれどなんかすっきりしない 

 

「自分がわからない」

なんかモヤモヤ
なんか不安・・・

 

そんな時、
望まないことを書き出し
その望まないことから
望むことを見つけるワークをするといいでしょう。

 

A4の紙を1枚用意します。
縦に半分に折り目をつけます。

 

左側に、
「望まないこと、イヤなこと、不満なこと」を
箇条書きにします。

 

たとえば「おうち編」だとしたら

 

◎望まないこと、不満なこと
1.収納スペースがない
2.居間がせまい
3.駅から遠い
4.日当たりが悪い
5.お風呂が寒い
6.隣近所が不愛想
7.外観が悪い

など。

 

右側には
その望まないことを望むことに変えて書き出します。

 

◎望むこと
1.収納スペースが効率よく設置してある
2.居間が12帖以上ある
3.駅から徒歩5分以内
4.どの部屋も日当たりがよくて明るい
5.お風呂が温かくて洗濯物が干せる
6.隣近所いい人ばかり
7.外観がおしゃれ

 

ここまで書き出したら
「望まないことリスト」に「教えてくれてありがとう」と感謝し
真ん中から切り取って
「望まないことリスト」を捨てましょう。

 

こんなふうに書き出すと
望まないことのイメージが
望むことにすっかり書き換わり

明るい気持ちで欲しいものをイメージすることができ
その思考を積み重ねることで
望む現実を創ることができます。

 

私もこのやり方で
たくさんのものをゲットしてきました。

 

「おうち編」
「パートナーシップ編」
「仕事編」と

いろいろやってみてください。

 

大きい物であればあるほど、時間はかかるので
根気よく続けていくといいですね。

 

 

関連記事




ページ上部へ戻る