記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やめたいのに
マイナス思考になってしまう

 

なぜこんなにも
捻じ曲げて言葉を受け取ってしまうんだろう?

 

まわりからいつも
「そんなこと言ってない!」と言われるけど
自分のこと否定してるとしか聞こえない

 

マイナス思考が止まらないのはなぜ?

 

それは物心ついた頃からずっとあった頭の中の声

 

気が狂いそうなほど大音量
楽しんでる時
うまくいってる時ほど頻繁に現れる

 

 

ある日車を運転してる時に現れた

 

あーでもない、こーでもない、と
起きてもいないことをあれこれ妄想し

こんなことされるに違いない
きっとこう思ってるに違いない

そうだそうだ!とまた始まった

 

観察してみようと黙ってみてた

 

もうそれはそれは
起きてもいないことを創りあげ
小説が書けるくらいストーリーがおもしろい

 

 

目の前にボールが飛び出し急ブレーキ!

 

ひやっとした瞬間

 

ほっとし
我に返ったら

 

さっきまで、にぎやかだった「ネガティブ・ストーリー」は消え
どこにも見つからない

 

 

探しても
本当にどこにも見つからなかった

 

 

けれど、どこかにあるネガティブなことを
引きずり込みたい自分がいた

 

 

あ~そうやって
自分で自分を痛めつけるのが好きなんだな

 

 

ずっと、そうしてきたんだな

 

 

でも
もうやめたい

 

 

やめると決めた

 

 

それ以来
マイナス思考が始まったら

 

 

「これは本当に望んでない!」とか
「削除!」とか
「キャンセル!」とバッサリ言い放ち

 

ほっとけるようになった

 

 

ネガティブ・ストーリーに、餌をあげなくなった

 

毒だとわかって毒を飲むことは、しなくなった

 

 

映画を観るように観察し

ストーリーの主人公になることはなくなった

 

 

マイナス思考は勢力が衰えたかのように

まだ頭の片隅にちょこっと居座っているけど

完全に乗っ取るほどの存在感はなく

 

小さく小さくなり

 

 

私は全力で
やりたいことにエネルギーを注げるようになった

 

関連記事




ページ上部へ戻る