記事の詳細

なにをそんなに先を急いでいるのだろう?

なにが足りなくて埋めようとしているのだろう?

あとで振り返った時に

必要なものは全部、今そろっていて

ただ使いこなしていないだけだ、ということに気づく。

または使い方を知り

その練習をしようとしなかったということにも

気づくに違いない。

『焦り』、という感情がそれを教えてくれている。

焦りが出てきたら、先に進まず立ち止まり

今あるものを使っていく。

今あるものをしっかり見る。

あるのに「ない」と、焦っている。

ネガティブな感情は
いつも私たちを導いてくれている。

本当の自分を生きてないよ、と。 

 

メールマガジン登録

 

関連記事




ページ上部へ戻る