記事の詳細

呼吸に、その人の生き方が現れています。
ブリージング・セラピーでは まず呼吸を見ていきます。

頑張ってる人は
呼吸し始めると肩に力が入ります。

感じるのが苦手な人は
息が聞こえないほど浅い呼吸をします。

悪いものは全部出すぞ!
そんな方は めちゃくちゃ深くて荒くて
疲れる呼吸をします。

吸う長さと吐く長さが違ったり
吸うのは苦手、吐くのは大丈夫
またその逆だったり。

吐いてるのに、胸はパンパン
悲しみがつまっています。

胸とお腹がギッタンバッコン
まるでシーソーのよう。
思考と感情のバランスが崩れています。

呼吸をすると途中でやめたくなる方
面倒くさい
なんでこんなことしなくちゃいけないの?
やめたい・・・
ずっと、あきらめてきた方です。

呼吸をしていくと
体がしびれたり
重くなったり
痛くなったりすることがあります。

潜在意識にずっと持っていた
積み重なった感情が、体に現れます。

呼吸をしながら感じて味わい
こんなにも
自分で自分をわかってなかったんだ
ということがわかります。

体は正直です。

「ごめんね、わたし。
今まで無視して、否定して、いじめてごめんね。
これからはもっと、大切にするからね。」
そう言ってもらうと、涙が流れます。

そして 呼吸がラクに、
深く吸って吐けるように
なっているのです。

自分を感じる
わかってあげる
心と体を感じてみる

夜、寝る前に1分でもいいので
今日の呼吸をチェックしてみてください。

イヤなことは
吐く息とともに
宇宙が吸い取ってくれるとイメージします。

きれいな光を吸い込み
体の隅々の灰色を吐き出す

また、きれいな光を吸い込み
吐き出す。

灰色が透明になるまで
やってみましょう。

そして、眠りの中でさらに
クリーニングしてもらいます。

朝、もし目覚めが悪かったら
ずっと無視してきた感情が
奥から出てきてくれたということ。

がっかりせずに
今夜も寝る前の呼吸をやってみましょう。

関連記事




ページ上部へ戻る