記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな時に怒りをぶつけてしまいますか?

自分の中で受け入れてない、
嫌っている要素を子供に家族にボタンを押される場合と
責めなくてもいいことで自分を無意識に責め、
その心の「責めコップ」が満杯になった時、
些細なことで一番身近にいる子供、またはパートナーに 当たってしまいます。

当たったあとは罪悪感に襲われ、自分を責め、
「責めコップ」にまた溜め続け、溜まったら、
あるきっかけで子供にパートナーにぶつけ爆発し、
コップを一応カラにする、
そしてまた責めて溜めて爆発する、の悪循環なのです。

責めなくてもいいことで責めていませんか?
そんなに悪いことをしましたか?

【自分のせい、自分が悪いからだ】という
思い込みはありませんか?

それはいつどこで、
その勘違いを持ってしまいましたか?

自分にやさしく、自分をもっと大切にすることで、
まわりの人にも思いやり溢れた対応ができます。

怒ってもいいんですよ。
ただ、怒り方があるだけ。

怒ってぶつけてしまったあとは、
自分の勘違いで怒ってしまったこと、
あなたがダメで嫌いで怒ったんじゃないということを、伝えてみましょう。

そして、次からはもうすこし上手に、
怒っている“気持ち”を、「私は」を主語にして
伝えてみましょうね。

関連記事




ページ上部へ戻る