記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年をとったので大人だと思ってきたけど
自分のことしか考えてないお子ちゃまだって
気づいた時のショック!

人のため人のためとせっせと尽くし
実は倍返しを期待した下心満載の
ニセ奉仕者だと気づいた時のショック!

お客さんがだんだん来なくなり
こんないい商品を買わない方がアホだ!と
相手の立場に立てない自己中、傲慢だらけの
俺様女王様だと気づいた時のショック!

自分は子供だ!
子育てしてても自分は子供だ!
仕事してても自分は子供だ!
先生しててもめっちゃ子供だ!

はっきりそう気づき認めた時に初めて
よろけて倒れそうに泣きそうになりながらも
大人への階段を登り始めたのかもしれない。

ガツーン!と一発。

本物の大人になるって、痛いね。

ビジネスの場で
自分の子供さ加減がはっきり見えてくる。

厳しさとやさしさ
子供ごころと大人ごころ
与えることと受け取ること

そのバランスが崩れていることを
仕事とお金がいつも教えてくれる。

難しい、とあきらめるのか
やってみる!と動くのか
言葉ひとつで方向性は全く違ってくる。

どうする?
いつやる?
今やる?
3年後?

関連記事




ページ上部へ戻る