記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも無意識に繰り返される自分の習慣
パターンに気づいていますか?

 

朝起きて、目覚めのコーヒーを飲み
テレビのニュースを聞きながら新聞を読んでいる人。

 

朝、布団から出られず
目覚まし時計を何度も消し
はっと気づくと家を出る10分前で
いつも駅まで走って出社する人。

 

朝起きて、お弁当や朝食の用意など
家族が起きて家を出るまで慌ただしく
時に子供が幼稚園に行かない!とダダをこね
毎日戦争のような朝を過ごしている人。

 

毎朝4時に起き、水を1杯飲んでから
50分集中して勉強し
10分休んで50分集中して仕事

その後朝の散歩とストレッチ、
家族が起きてきて朝食の用意、見送り
そして自分も出社、という人。

 

日々の習慣で積み上げられるもの

それは、負の情報だったり
自分を責めるという思考だったり
スキルだったり。

 

どちらも目には見えないけれど

継続は力なり、
コツコツ積み上げられたものは
プラスにもマイナスにも
多大な影響を“私”に与え続けます。

 

人生が思うようにいかない
チャンスが来ても生かせない
イヤなことばかり起きる
同じパターンが繰り返される

のはなぜか・・・

 

無意識の習慣の奴隷になっているからです。

 

主人は「習慣」ではなく「あなた」なのに
「あなた」がどこかに行ってしまって
主導権を「習慣」に渡していませんか?

 

 

私はコーヒーが好きです。

朝起きてすぐ、コーヒーを飲んでいましたが
体をよく感じてみると、朝すぐは飲みたくない!と
言っていることに気づきました。

 

水を飲んでからグレープフルーツが食べたい!

なので、しばらくそうしていました。

 

朝の目覚めと体調はとてもよくなり
集中力が増し仕事もはかどるようになりました。

 

私の三男が2、3歳の頃、
自分の思うようにならないと私を叩いたり暴れたり
ギャーギャー泣いてばかりいました。

 

それがイヤでいつも三男に合わせ
オヤツや遊びでご機嫌をとっていましたが
ある日、意を決してやめました。

 

この世の終わり?というくらい
泣いて暴れて1時間くらい七転八倒しましたが
終わって脱力、やさしい表情になり
現在まで一度もそのようになったことはありません。

 

自分の気持ち
自分の体からのメッセージは

いつも静かにやさしく何度も
私達にささやいています。

 

私達は日常に流され、常識や制限に縛られ
ずっと我慢し、耐えてきました。

 

いつかここから脱出できる日を夢見ながら
でも、あきらめてきました。

 

人や習慣の奴隷になるのではなく

「私」が何を感じ
「私」は何をしたいのか、を

感じる時間を「私」に与えてあげてください。

5分でもいいのです。

 

家族と暮らすと、職場にいると
ひとりひとりの習慣、パターン
考え方、心のクセ、感情、制限、という
海の中の影響を受け
時に溺れそうになりながら泳いでいます。

 

誰かが起こした大波や台風が通り過ぎるのを
じっと耐えなければいけない日もあり
別の場所で非難しなければいけない日もあります。

 

そんな時こそ自分の無意識のパターンに気づき
修正するチャンスです。

 

 

ご主人が朝、新聞を見ながら
死亡事故ばかり流すニュースを見ていました。

 

朝からなんでこんなの見るの?

 

御飯支度をしながら、イヤでも聞こえてきます。

 

朝起きたらテレビをつけニュースを見る、
というのがご主人の習慣です。

 

朝からこんなニュース、
イヤだから消して! と言うと
わざと音量を大きくされました。

 

自分の習慣を指摘されると
特に家族に言われると
人はなかなか変えようとはしません。

 

それで奥さんは
「私は朝からそんなニュースは聞きたくないの。
朝はさわやかな音楽を聞きながら御飯仕度したいので
ヘッドフォンで聞いてくれる?」と伝えました。

 

それでも変えてはくれなかったので
朝早めに起き、御飯支度を整え
ご主人にはひとりで食べてもらうようにして
音楽を聞きながらの、朝の散歩にでかけるようになりました。

 

一日がとても充実するようになり
毎朝会う、散歩が趣味のお友達もできました。

 

そんなことが1年くらい過ぎ
ご主人も朝の散歩に参加するようになりました。

 

人の習慣を変えるのではなく
自分の習慣を変えることで

気がつくと周りが自然と変わるんですね。

 

いいことは、広がるようになっています。

 

 

まずは自分の無意識の習慣に気づき
心と体の声を聴き

 

気持ちのいい習慣へと修正していくことから
始めてみましょう。

 

人生の豊かさが、増していきますよ。

 

 

関連記事




ページ上部へ戻る