記事の詳細

今回は私の次男ネタになります。

20歳、大学3年生の次男。

 

自宅出産、助産師さん間に合わず
父以外の家族全員見守る中
お風呂の中での水中出産
私がとりあげた

そんな生まれ方をしています。

 

母子分離はないので
そんなにバーストラウマはないかな~と
思っていましたが

妊娠中のことがいろいろあり

 

すぐ「自分のせいだ」と感じやすく
人に振り回され
犠牲しやすい性格が心配でした。

 

表に現れてきたのは
中学2年生くらいからです。

 

思春期に、大きく表面化してきます。

 

忘れ物が多く
ジャージ登校の日に
ひとりだけ制服で登校したり
前日の夜に、これ必要だったと
あわてて買いに行ったり

いつもぎりぎり、遅刻魔
そして自分を責め
相手を受け入れすぎてしまう。

 

ストレスがたまると肌に現れ
アトピーがひどくなったりもしました。

 

友達はたくさんいて
小学1年からの友達6人と
今でも仲良く交流があります。

 

明るくほとんど家にいなくて
外で遊んでばかりいる子でした。

 

表に見せてる姿と
内に秘めてる思い

言葉で言えない分
肌に現れるので目で見てすぐわかります。

 

なんで「ノー!」と言えないの?
なんで自分の意見を言わないの?

 

私はじれったくなり
彼を変えようと
もっと積極的になるよう
あの手この手を使いました。

 

いいところはいっぱいあるのに
彼の自分を責めるクセを見てしまうと
すごくイヤな気持ちになり
変えよう変えようとしていました。

 

自分の思う通りに変わらないと
「もう知らない!」と言ってしまったり。

 

彼の自分を責めるクセは
まさに私自身を見せられ
イヤだったんですね。

 

変えようとするのをやめ
「自分のせいだ」との向き合い方を
教えていきました。

 

私自身もやってみて
その効果を実感しているので
私の体験を話し、やってみてごらん
というと

 

「お母さん、早速今部屋でやってみたら
めっちゃすっきりしたわ」と
報告しに降りてきます。

 

遅刻魔だけど納得すると今すぐ!

 

行動は速いです。

 

自分で気づき
やってみて実感することで
それは自分のものになり

次の人に伝えていけるようになります。

 

 

昨日
お金がほしいからバイトを増やす
と言ってきました。

でも計算すると、
扶養の範囲を超えてしまうので
月2万しか他のバイトができない、と
ちょっとがっかりしていました。

 

次男が今持ってるスキル
それを使うと
扶養の範囲を超えてもいいくらい稼げるよ、と
稼ぐ方法を教えました。

 

今からコツコツやり続けると
就職の時にはもしかしたら
その収入を超えるくらいになるよ、と。

 

次男が持ってるスキルは
「自分はダメだ」との向き合い方と
「自分のせいだ」との向き合い方、です。

 

まだ完璧でなくていいんです。

 

3年前、5年前の自分を助ける
そんなメッセージ
そんな情報をつくり表現していくことを
コツコツやっていく。

 

始めに
3年前の自分に手紙を書き
パワーポイントに落とし
気に入った音楽をつけて動画にし
YouTubeにアップしていく。

 

顔を出さなくても
名前を出さなくてもできることです。

 

次男は勉強が苦手で
ずっとマンガばかり、テレビのドラマばかり
見ていましたが

中学2年から小説を書き続けていて
今でも書いているとのこと。

 

そのおかげか
さささっと楽しく書き上げ
動画にする手前まで仕上げてしまいました。

 

私には見せてくれないみたいですが。

 

 

こんなことで稼げるの?

そう思うかもしれませんね。

 

私が仕事でやってきていることも
形を変えて実はこれと同じことをし
アウトプットしてきただけなんです。

 

それがある日
アウトプットの量が一定量溜まると
お金が入ってきます。

 

学び続けるだけ
資格を取得、満足して終わり、では
決してお金も時間も手に入りません。

 

え?こんなことでいいの?
ということを伝えていく。

 

その情報をまだ知らない人は
いっぱいるので

知らない人にとっては
お金を払ってでも欲しい情報なんです。

 

だから
3年前、5年前の自分に
教えてあげてください。

 

出し惜しみせず、与えてください。

 

本当に、お金がほしいのなら。

豊かになって、家族仲良く暮らしたいのなら。

 

そして大切なのは、「素直さ」です。

 

素直に信じてすぐ行動することで
未来の扉は思ったより早く開きます。

 

仕事 = アート

 

あなたの中に眠っているスキルを
アートで表現していきましょう。

 

それが
世の中をより素晴らしい世界へと変える
ビジネスなんだと思います。

 

2014/4/14

 

=====

 

これは3年前、メルマガに書いた記事です。
現在、次男は23歳、就職し2年目になりました。
就職と同時に家を出て、暮らしています。

 

サラリーマンとして、
給料の10倍は仕事するつもりで!
最低3年はしっかりそこで働くこと!
と家にいる時、何度も話していました。

 

今いる場所でこそ、たくさん学ぶことがあります。

 

いつか卒業の日が来るまで
未来の自分が与えた、能力を伸ばすために与えてくれた仕事を
しっかりこなすこと。

 

その土台の上に、自分で事業を起こすチャンスがきた時に
培った能力を最大限生かせるのです。

 

たま~に家に来た時に、仕事の話、将来の話をします。

 

まるで久しぶりに会った
古い親友のようです。

 

子育ては、こんなふうに
子供が大きくなっても

自分のこと、未来のことを
大人同士の会話として話せる

とても大きな喜びを与えてくれます。

 

 

関連記事




ページ上部へ戻る