記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前の
チャイルドセラピスト講座修了生さんから
第2子出産のお知らせメールがきました。

受講中はまだ学生で独身でした。

このように
講座で学んだことを生かしている報告を聞くと
いつも本当に嬉しく思います。

上の子のチャイルドセラピーも
体験しています。

おばあちゃんとの連携プレーで
(おばあちゃんも修了生♪)

お子さんの感情のケアをしています。

本人の了解を得ていますので
ここにシェアしたいと思います。

————-

Mさん 20代 上の子2歳 第2子出産

まみさんこんにちは!

無事に産まれました!

ブログにコメント頂いたみたいで
ありがとうございました。

『まみさんがコメント書いてくれていたよ~♪』
と母に聞く前から
私はまみさんにこのメールを作っていました。笑

出産当日
赤ちゃんが大泣きしていて

お腹もいっぱいだし、オムツも汚れてなくて、

以前まみさんが講座の中で
『お腹にいた時のこと、
産まれた時のこと思い出して泣くことがある』
と言っていたのが頭に浮かんだので、
抱っこをして

『産まれた時苦しかったね』と言ってみました。

そして、その時に
『自分のせいだと思ったね』
という言葉がぽんと出てきたので言ってみたところ、
ものすごい大きな声で泣いて体を反って
私の顔を手で叩くようにして泣きました。

『あっ!ピンポンだった』と思って、
『自分のせいだと思ったね』
『あなたのせいじゃないよ』
と伝えていました。

いきなりすごい大きな声を出して
体を反って手足をバタバタして大泣きしていました。

しばらくそんな状態で泣いてると
段々泣き方が変わってシクシク泣く感じになっていき、
最後はぐすんとして、
すごーく可愛い甘えたような顔になったんです!
そして眠りました。。。

あっ
これはまみさんに教えてもらった泣き方の変化だ!
と思いました。

上の子はまだ『怒り泣き』の段階しか見たことがないので、
泣き方が変わるというのが私にも分かるのかな?
と思っていましたが、分かりました!!

新生児でもすごいですね
あんなに泣き方や表情に違いがあるんですね。

そして産まれたばかりなのに
ピンポンだった時のあの泣き方…

あんなに怒って泣くんだ…とびっくりしました。

これから色々な壁にぶつかっていくと思いますが、
『自分を癒す絶好のチャンス』と捉え
教えて頂いた方法で
自分のことも子どものことも癒していければと思います。
セラピーで教えて頂いた様子が見れて嬉しかったです。

新生児なのに、こんなに泣き方や表情が違うんだ!!と
本当に驚きでした!

赤ちゃん男の子なのですが、周りに女の子を期待されていて、
女の子だったらもっと喜んでもらえたの?など
私も気持ちが複雑だったのですが、それも今ピンポン!でした。

『男の子だから自分のことダメなんだって思ったんだね』
『ママは男の子で産まれてきてくれて嬉しいよ』
という言葉かけで大丈夫でしょうか??

————–

(私からの返信)

はい、大丈夫です。

男の「○○ちゃんでよかったんだよ」とも
言ってあげてください。

顔の表情が男の子っぽく変わりますよ。

Mさんのお母さんも、
家で待ってる上の子の対応、バッチリですね。

上の子は「ママに会えなくて淋しいよー」とは言わないので
関係ないことで長泣きしますが
いっぱい泣かせてあげれば大丈夫。

こうやって学びを生かしていただけて
本当に嬉しいです。

そうそう、出産後は油断せず
体最低2週間はできれば寝たきり状態で
ゆっくり休んでくださいね。

あとで体が大きくいい方向に変化しますよ。

あまり目を使わないように。
急ピッチで戻ろうとしている骨盤に影響があるので。

スマホもほどほどに。

ではまた。

—————-

新生児でも、言葉はわかります。

言葉、というより
声という音に乗っている
「想い」のバイブレーションを聞いているのです。

小さいから言ってもわからないだろう

ではなく

ちゃんと、気持ちを言葉で伝えてみてください。

すぐに、反応が返ってきます。

こんなに小さい時に

「自分のせいだ」とか
「お母さんに嫌われたんだ」とか

思ってしまいますので
なるべく早く、
その勘違いを書き換えてほしいと思います。

だからこそ
まだお子さんがいない時でも

学んでいただきたいと思います。

Mさん、快く掲載ご承諾いただき
本当にありがとうございました。

最強の「おばあちゃんサポート」がありますので
安心ですね。

子供が成長していく中で
また色々起きてきますが

ひとつひとつ、超えていくことで
お互い大きく成長します。
また何かあればいらしてくださいね。

ありがとうございました。

 

関連記事




ページ上部へ戻る