記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰かを好きになり一緒に暮らし始める。
最初は「好き」という気持ちでいっぱい。

 

でもだんだんと、
生まれ育った家庭のやり方
自分のやり方と違うところが目につき
小さく我慢を積み重ねる。

 

私だったらこうしないのに!
俺の母さんはこうじゃなかった!

 

え?
おやつ食べた手を服で拭く?
あれ?
俺具合悪いのに察してくれない?

ごはんを口に入れたまま立って歩く!
トイレの戸をいつも少し開けて出てくる!

 

などなど

などなど。

 

こうじゃない!
こうあるべきだろ!
こうしてくれない!
あ~してくれない!

から

こうされた!
こんなことされた!

に変わっていき

 

積み重ねた我慢が
ちょっとしたきっかけで爆発します。

 

パートナーとの間で
よく「あるある!」なことですね。

 

人を好きになると
お互いに「子供ごころ」が出てきます。

 

子供ごころには種類があって
1.胎児のような心
2.赤ちゃんのような心
3.1歳3か月児
4.2歳児
5.6歳
6.思春期

 

大人になって
1番から6番の
どれかのスイッチが押され
その子供ごころに乗っ取られ
相手に過去のお母さんを映しだします。

 

それが

こうじゃない!
こうあるべきだろ!
こうしてくれない!
あ~してくれない!

こうされた!
こんなことされた!

なのです。

 

お母さんに世話を求めてきました。
それも「完璧」な世話を求めてきました。

お母さんにかまってほしかった。
24時間365日かまってほしかった。

お母さんに自分だけ見てほしかった。
兄弟を押しのけ、父まで押しのけて
自分だけ見てほしかった。

 

パートナーにお母さんを映し出し
頭の中で大きく期待しています。

きっと私に俺に
いっぱいくれるはず!と。

 

「好き」という感情はこんなふうに
勝手なファンタジーを抱かせます。

 

勝手に大きく期待し
その通りにすぐもらえないことで
勝手に「裏切られた」と怒り
勝手に相手を恨むようになります。

 

我慢が積み重なると
それが恨みに付け加えられ
溜まるとある日大爆発します。

 

それがケンカ、です。

 

あなたはお前は
私の俺の
理想のお母さんだと思って
好きになったのに
なんで理想のお母さんじゃないんだー!

と怒っています。

 

積み重なった不満が怒りになり

こうじゃない!
こうあるべきだろ!
こうしてくれない!
あ~してくれない!

こうされた!
こんなことされた!

という言葉となり
相手にぶつけます。

 

こうなったらもう大人ではなく
ただの「赤ちゃん」です。

手のかかり過ぎる
大きな赤ちゃん、です。

 

今まで言ってた
「好き」「愛してる」は実はうそ。

 

相手が私の俺の
思う通りにしてくれたら「好き♪」
1ミリでもストレスを与えたら「大嫌い!」
だったら「他の人探す!」となります。

 

世の中の恋愛はまあこんな感じ。

 

いつまでも、赤ちゃん同士の関係から
抜けられません。

 

結婚はゴールではなく
こんなお互いの「赤ちゃん」ごころを育てる
スタートです。

 

ですからちゃんと
子供ごころのしつけ方と
育て方を知ってから
結婚した方がいいですね。

 

だから私は思春期の子供たち向けの
「思春期講座」をおこなっています。

 

あなたももっと早く知りたかった?

今からでも遅くはありません。

 

体は大人でも心はまだまだ子供。

 

その子供ごころをしつけて育てれば
幸せな人生を思うようにつくれますよ。

 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

親子家族関係セラピーBlueWinds
http://blue-winds.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

関連記事




ページ上部へ戻る