記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お母さん・・・
 
わたしたちは
お母さんに対しての潜在的「想い」を たくさん抑圧してきました。
 
人生で出会う大切な人たち、親密になろうとしている人たちに
お母さんに対する「想い」や「感情」を「投影」し続けます。
 
人間関係がうまくいかないのは
「お母さんとの関係」だったなんて!
 
ずっと「お父さんとの関係」だと思ってきたかもしれませんが
その背後にはしっかり
「お母さんに対する気持ちや感情」が隠れているんです。
 
お母さんには言えなかった!
言える状況じゃなかった!
 
こんな気持ちを持っちゃダメだ!
忘れよう忘れよう!
 
ないものにしたつもりでも
なくなってはいないんです。
 
心の奥底に何層も眠っていて、虎視眈々と復活する日
解放される日を待っています。
 
だって、今お母さんとは仲いいもん!
もう許したもん!  今は大好きだもん!
 
けれど内なる「子供」は
お母さんのこと好きだけど大嫌いで
あきらめて気持ちにフタし、責めて「ふん!」とスネ
怒って恨んでいます。
 
それを家族、特にパートナーや子供
職場の人間関係、特に上司や後輩
友人、特にリーダータイプやあとから来た人に投影し
 
好きだったけど大嫌いになり、気持ちが言えずあきらめ
責めて責められ、否定し否定され
「ふん!もういいよ」と関係を断ち、怒って恨んでさらに心にしこりを残します。
 
子育てのひとつのゴールは、「自分の気持ちを自分の言葉で言えること」
 
気持ちを言えたり、言わなくても自分の中で昇華することができれば
人に投影することはほとんどなく、 あってもすぐ気づき、修正できます。
 
感情的にスイッチが押される、同じパターンのイヤな出来事が
起きることもありません。
 
しつこいようですが
フタをしてきたドロドロした気持ちを、全部紙に書き出してみてください。
 
お母さんに してほしかったこと
わかってほしかったこと、全部・・・。
 
まずはただ書き出すだけでいいです。
 
 
お母さんとの関係を、 わかりやすくまとめてみました。
 
1.恋心のステージ
2.期待のステージ
3.あきらめのステージ
4.怒り恨みステージ
5.赦しのステージ
6.理解のステージ
7.愛のステージ
 
次回のこのブログで
これらを順に解説していきます。
 
上記のワーク後なら、なお理解できると思いますよ。
 
ぜひワーク、やってみてね。
 
  
◆━相談コーナー━━━
 
ずっとお母さんたちのサポート、子育て関係の仕事をしてきて
地元でもかなり評価されてきました。
 
いろいろあったけど自分の子育ても終わり
今はとってもいい関係です。
 
子供たちはそれぞれ巣立っていきました。
 
けれど
最近息子も娘も恋愛でうまくいってない、 という相談を受けました。
 
聞くと全く同じことで悩んでいます。
 
相手にすごく執着してしまい、依存しイヤがられる
重たいと言われる、距離を置きたいと言われる
よけいしがみつきたくなる、嫌われるのが怖い
不安で淋しい、と言います。
 
色々調べたら
母親との関係が恋愛や結婚に現れるそうで
私が原因だー!と、罪悪感でいっぱいになってしまいました。
 
助けて~っ!って感じです。
 
【回答】
 
0~7才までの子供ごころが、恋愛・結婚・パートナーシップに現れます。
 
お母さんがまだ見たこともない、 お子さんたちの潜在的痛みと勘違いが
パートナーとの関係を通して出てきます。
 
二人共、母子分離不安が出てきていますね。
 
もう癒されたはず!
これだけやったのに!
 
けれど
母子分離不安の「否定的思い込み」は、 まだ書き換わっていなかったんです。
 
お子さんたち、今までいくつか「あれ?おかしいな?」
という出来事はあったはず。
 
いや、もう大丈夫!
私との関係はよくなった!という「美化」は
 
そういうサインを見逃します。
そして今回のように出てきます。
 
お母さんも今までフタしてきた罪悪感が、一気に噴き出します。
 
お互い、出てきた気持ちや感情を、 まずはしっかり感じ認めることですね。
 
そして、書き換えていきます。
 
お子さんたちには、新生児室にいる赤ちゃんへ
イメージで寄り添い、 お母さんと離れた理由を何度も説明すること
 
お母さんは、今までフタしてきた罪悪感を感じ
時間を決めて思いっきり自分を責めてください。

そして「私のせいじゃない、誰のせいでもない」
と何度も言い聞かせること。
 
これらをやれば大丈夫ですよ。
 
お子さんたちも、恋愛を通して
大きく成長していきます。
 
出てきてよかったですね。
 
出てきた時に、書き換えることができるんです。
 
では。
 
ありがとうございました。
 
 編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
 
お母さんもひとりの人間。
 
そう思えるようになったのは
37歳の時です。
 
37歳まで
なんでこんなお母さんなんだ!
なんでこんなことするんだ!
わかってくれないんだ!
 
と怒って責めて恨んでいました。
 
それらが、実は私の大勘違いだった
と気づいちゃった時の衝撃!
 
消えてしまいたいくらいの
衝撃でした。
 
怖かったです。
恥かしかったです。
 
でも
これで私の人生劇的に変わりました。
 
あなたにも伝えたい!
 
いつもありがとうございます。
 
ではまた来週~♪
 

メルマガ登録はこちらから
幸せな「わたし体質」のつくり方♪
http://blue-winds.com/mailform33.html

  
  

関連記事




ページ上部へ戻る