記事の詳細

もう
フタをしていることに気づかないくらい

何百回も何千回も
本当の気持ちにフタをしてきたんですね。

 

「もう大丈夫」
「もう乗り越えたから・・・」

 

明るい笑顔、元気な声のその下にある怒りと悲しみは、
身体から、文章から、にじみでている。

 

まだ癒されてなくてもいいんですよ。
まだ人のせいにしてもいいんです。

 

その大切なプロセスを飛ばしては
決して次には行けないから。

 

あなたがあなた自身にウソをつくたび
大切な人から裏切られ
支配され否定され攻撃されるのです。

 

フタをしてもフタの下にある
ドロドロはなくならない。

 

いつかその『ドロドロ』は
誰かの中の『ドロドロ』を連れてきて

もっと大きく『ドロドロ』のドラマが起こってしまう。

 

フタをしたら身体に意識を向け
身体からのメッセージを聞いてほしい。

 

身体は正直。

 

「疲労」や「痛み」で教えてくれているから。

 

あなたが抑圧し我慢してきた
本当の気持ちたちを・・・。

 

身体がもう本当に動かなくなる前に
あなたの人生から『強制ストップ』かけられる前に

 

どうか気づいてほしい。

 

誰かの世話や尻拭いをするためだけの

人生ではないのだから。

 

縛られ不自由な生活をするために
生まれてきたのではないのだから。

 

『ドロドロ』をひとつひとつ観察し、
感じて味わう。

 

それは

あなた自身が

「甘えたかったり」
「かまってほしかったり」
「守ってほしかったり」
でも「あきらめてきたり」

また

「私はダメだ」
「私のせいだ」と思い込んでいたり。

 

いいも悪いもない

その気持ちたちを認め受け入れると

 

『ドロドロ』は溶けていく。

 

相手の『ドロドロ』も引き寄せない。

 

身体の痛みも消えている。

 

そして

問題は根本的に解決するのです。

 

『ドロドロ』は“光”に変容し

あなたはまたひとつ、大きくなる。

 

そんな自分が嬉しく

自分と深く向き合うことの大切さを

実感することでしょう。

 

 

メールマガジン登録

 

関連記事




ページ上部へ戻る