記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供が
これが欲しい! というからあげたのに
これじゃない~ あれがよかった~と言うから「あれ」をあげた。

 

違う違う~ ホントは「それ」がよかった~と言うから
「それ」をあげると「違う違う~」と言う。

 

「いったい何が欲しいの!」と 半ギレを抑えながら聞くと
「ギャーギャーギャー(実は本人もわからない)」

 

しばらく泣かせ落ち着いてから聞くと
「あの時本当は淋しかったの」と本音。

 

な~んだ、そうだったんだ。 今度は最初からそう言おうね。

 

小さくうなづき
子供は赤ちゃんのような
無邪気で安心した表情で遊び始めた・・・。

 

メールマガジン登録

 

関連記事




ページ上部へ戻る