記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分のようになってほしくない、私は絶対母親のようにはならない、と思っているということは、
心のしこりがまだ溶けてない証拠です。

過剰に心配し、心が曇った状態でフィルターを通し子供を見てしまいます。
つい口うるさく心配を押し付けてしまいます。

子供は母親から、何か重たいものがドーっと自分の中に流れ込んでくる、
おしつぶされそうになる、という表現をします。
子供が空洞タイプから抜け自分軸と繋がると、その影響は受けなくなります。

母親が心の勉強をしている場合は、なぜ心配してしまうのか、何が怖いのか、
子供をどう決め付けてしまっているのかを、みていくことが大事です。

関連記事




ページ上部へ戻る