記事の詳細

台所に立ち
あと何回ここで料理がつくれるのだろうと思う

家族を見送りながら
「いってらっしゃい」と
あと何回言えるのだろうと思う

泣いてる子供を抱きしめ
あとどれくらいまで
私の胸に飛び込んできてくれるのだろうと思う

夜玄関の鍵がガチャっと響く
「あ、ご飯温めなきゃ」と思うのは
あと何回なのだろう

私は
あと何日、生きているのだろう

一瞬一瞬の時間が

とてもいとおしい・・・

関連記事




ページ上部へ戻る