記事の詳細

些細なことで人はよくケンカします。

 

私もそうでした。

 

夫が茶碗を洗ってくれた

私のやり方と違う!

水出しっぱなしだよ!

もったいないよ!

コップは洗ったら下に向けて置くの!

ボールもそう

どうしてそんな並べかたするの?

私だったらそうしないよ!

違う違う、そうじゃない!

ん~もう~

私がやった方が早い!

もうやらなくていい!

ってなってました。

 

自分のやり方
正しさを押し付けていたんですね。

 

本当に些細なことで

人は自分のやり方
正しさを押し通し

ケンカが勃発します。

 

私はそのループから
そろそろ抜けたかったので
くやしくて腹立つけど

相手に全部、ゆだねてみました。

 

コップやボールは下に向けた方が
水が切れていい!という私の意見を
ひっこめて

コップやボールは上に向けた方が
蒸発して乾く!という夫の意見を
受け入れました。

 

実験してみました。

すると

なんと

夫のやり方の方が
早く乾きました。

 

あらら・・・

 

くやしいけど負けてみたら

新しいやり方をゲットしました。

 

ほとんどのケンカは

「自分が正しい!」の主張のし合いです。

 

自分のやり方以外のやり方を試してみると
新しい世界が広がることを体験しました。

 

それ以来
「負けるが勝ち!」
の快感にひたる日々が続いています。

気持ちいいです。

もちろん

ケンカはありません。

 

関連記事




ページ上部へ戻る