記事の詳細

まだこんなに小さいのに
子供らしさが見られず無表情であきらめたような顔。

 

目がキっと鋭く怖いオーラをかもしだし
このまま大人になったら絶対ヤクザかも
というタイプ。

 

目と表情を見ると
目は心の窓、とよく言いますが
心の奥で何が起きているのかがわかります。

 

どんなに笑っていても
心の底で笑ってないと目にはベールがかかっています。

 

どんなに笑顔をつくっていても
目の奥は怒っていたりします。

 

なぜ隠すの?
なぜ言えないの?

 

その気持ち、
その感情はダメなものだ!と
思い込んでいるから?

 

否定されるのが怖いから?

 

楽しく明るくしてないといけない!と
思い込んでいるから?

 

私は以前
笑顔をつくれば心も笑顔になれる
そう聞いてやってみたけれど

無理~!でした。

 

なので時間を決めてしっかりと
内面に降りていき
正直な気持ちや感情と共にいる・・・

 

という方法を思いつき、やってみました。

 

人にはまだ隠すけど
自分の中では隠さない

 

それでいい・・・

 

すると
長くて3日で必ずそのイヤな気持ちは
溶けて消えていきました。

 

自分にできたので
今度はこのやり方を
セラピーの中でどんどん使ってみました。

 

無表情であきらめた顔のお子さんには

「いっぱいあきらめてきたんだね」
「言っても無駄って思っちゃったんだね」
「わかってほしかったんだね」
「我慢してきたんだね」

という言葉で寄り添うと
とたんにパっと明るい表情を見せてくれます。

 

ヤクザタイプのお子さんには

「ママに嫌われたと思っちゃったのかな?」
「なのでもっと嫌われてやれ~って思ったのかな?」
「ホントはもっと見てほしかったんだね」
「かまってほしかったんだね」
「素直に甘えたかったんだね」と言うと

 

子供らしいかわいい表情になります。
もう怖いオーラは出ていません。

 

家で暴君のご主人にも
夫婦のカウンセリングで

「こんなに頑張ってるのに誰も認めてくれない
家に自分の居場所がない、と思ってたのかな?
気づいてほしかったんですね。」

と奥さんの前で言うと

一瞬ぎょぎょっという顔をして
ぽっと少し頬が赤くなり
ゆるみ
幼い子供のような表情になります。
(男性は単純で素直なのでわかりやすいです)

 

いかめしい顔つき、体格でも
とってもかわいくなります♪

 

「ご主人ってホントはこんなに
かわいい人なんですよ。
こんなに弱くてもろくて
風が吹いただけで痛がるんです。
頑固さの裏側には単純で素直が隠れています。」

もう二度と、暴君ではいられません。
隠れ蓑の奥が、バレてしまったので。

 

今感じているそのままの気持ちに寄り添い
ただそのままでいさせてあげると

根本から溶けて消えていきます。

 

わかってもらえた
理解してもらえた、と思うと
ホっとした気持ちで心も身体もゆるみ

 

自然と笑顔、ほほえみが出てきます。

私はこの瞬間がたまらなく好きです。

 

誰もがみな弱いしもろい部分を持っています。
だからこそ、支え合って生きているのです。

 

そして、愛するものを守る、という
強さも同時に持っています。

 

どちらも欠けてないし
すべての人の中に存在しています。

 

そして
すべての要素が存在しているのです。

 

私の中にもヤクザタイプの私がいて
子供を怒る時に特に出てきます。

 

「いつまで寝てんだよ~コラ~!
さっさと起きろよ、コラ~!」

とは言わないけれど

 

それに近いことは言いましたねー。

 

 

 

そうそう
気持ちや感情に寄り添い
溶けていったその先

その先のプロセスが大事です。

 

その先からが「本番」だということを
お忘れなく!

 

 

ブログのどこかにも
あちこち書いています。

http://blue-winds.com

 

関連記事




ページ上部へ戻る