記事の詳細

赤ちゃんとのコミュニケーション
赤ちゃんは大人の発する言葉を理解してない、と思いがちですが

 

声という「音」に「想い」がバイブレーションとして乗っているので
ちゃんと大人の言葉で説明することがとても大切です。

 

赤ちゃんだからわからないでしょ!と思いがちですが
ひとりの人格として尊重してくださいね。

全部、波動で聞いていますので。

 

 

赤ちゃんは、
首のすわり、寝返り、おすわり、はいはい、たっち、つかまり立ち、あるく、と、
このプロセスは世界共通。

 

ひとつも飛ばすことなく順に進んでいくことが、とてもとても大切なんです。

 

「うちの子はハイハイしないで立ったんですよ!」と
自慢げに言うママがいますが、ハイハイも飛ばしてはいけないんです。

 

これらのことを知らず、楽だから、喜んでいるからと歩行器やベビーバンボに入れると
12ヶ月かけて構築する赤ちゃんの骨格、筋肉が鍛えられず
のちにいろんな症状となり、現れます。

 

便利だから、とつい頼りがちですが
ここはよーく気をつけていただきたいと切に思います。

 

今、目に見えることのもっと先に、楽した先に
大きな代償があることをたくさん見てきました。

 

手をかける時はしっかりかける!

 

生まれてからの12ヶ月は、とてもとても大切なんです。

 

*新講座「赤ちゃんとのコミュニケーション講座☆バーストラウマを癒す・アドバイザー養成コース

 

 

関連記事




ページ上部へ戻る