記事の詳細

心が子供のままでいると
40歳を過ぎたあたりから
体や環境などに不調が現れ始めます。

 

最初はそれに気づかず
人のせいにしたり自分責めに明け暮れ
色んなことを学んだりしますが良くならず
逆に「悪化」してるかのような出来事が起きます。

 

もがけばもがくほど、泥沼にはまっていくような感じです。

 

今まで、誰かからもらってきた
もらうのが当然だと思ってきたエネルギーを
今度は自分で生み出し自分で自分を満たしていかなかればいけないのに

 

まだ「人のせい」にして恨み
「誰かがなんとかしてくれる」という
「胎児・赤ちゃんごころ」のままでいるので

 

その思考が溜まり
マイナスの出来事が起きるようになるのです。

 

それは決して良いことの前触れでも
デトックスでも
波動が上がっているからでもなく

 

「警告」です。

 

あなたは
思いあがっていませんか?
自分ひとりでここまで来たと思っていませんか?
ちゃんとやるべきことをやってますか?
責任を果たしていますか?
今まで与えてくれた人に心から感謝していますか?

 

という「警告」。

 

それを無視してまたもがき
「努力」という名の偽りの「穴掘り」をしていると

 

強制ストップとなり
全く身動きできない状態になります。

 

40代は
もう今までと同じようなやり方は、通用しないのです。

 

しっかり立ち止まり
一番聞きたくない人から
一番聞きたくない意見を聞き

それを受け入れ行動し始めたなら

 

人生は右肩上がりとなっていくでしょう。

 

この年で
あなたに厳しいことを言ってくれる人は
そうそういません。

 

わざわざ、エネルギーと時間を使って
方向性を間違ってるあなたに
教えてくれる人はそうそういません。

 

それすら無視し、自分は間違ってない!と主張するなら
彼らは黙って去っていき
あなたはひとりになります。

 

その時、気づくかもしれません。

周りが守って与えてくれたおかげで、自分はここまで来れたということを。

 

その大切な「周り」に
あなたは今まで相当ひどい仕打ちをし
裏切り
批判し続けてきましたね。

 

さあ、これからは
遠慮なく
自分の力で羽ばたいてみてください。

 

羽を持っていても
使わなければ
ただの重くて邪魔なものでしかありません。

 

もう、動かすことも
できないかもしれませんね。

 

親から与えられたその羽は
ずっと使い続けていないと

 

40歳を過ぎ、
夢を実現するために
いざ遠くに行こうと思った時にはもう
使えないのです。

 

あなたの周りにいる人の不調は
あなた自身です。

 

あなたの周りで起きているトラブルは
あなたが現実化しています。

 

しっかり地に足をつけて
自分の現在地を見て

 

もう棚からボタ餅は落ちてこないことに
気づくといいですね。

 

子供のままのその心は
頑固でわがままで「自分は悪くない」と主張しています。

 

許されると思っています。

 

許されないこともあるのだと
深く気づいた時

 

今までした自分の行いに深く反省し
申し訳なさ過ぎて
嗚咽と涙が止まらなくなることでしょう。

 

その時初めて
子供ごころは修正の方向へと向かいます。

 

長い道のりかもしれませんが
大難が起きる前のその「警告」に
耳を傾け立ち止まり、見つめてみてください。

 

どうしたらいいかわからない方は
個人セッションを受けにいらしてください。

 

関連記事




ページ上部へ戻る