記事の詳細

やりたくないことが目の前に現れているのは
なぜでしょう?

 

主婦だったら、家事全般?子育て?
サラリーマンだったら、仕事?
子供だったら、勉強?

 

私の人生を振り返った時
やりたくないことは、いっぱいありました。

 

「なんでそれをしなければいけないの?」
「それは私の今やりたいことじゃない!」
「人生はやりたいことだけできるものだ!」

と、かたくなに思い込んでいました。

 

勉強は好きだったけれど、たった1回の挫折で
そのままフェードアウト。

高校時代はどんどんできない私になっていきました。

あきらめてしまっていました。

進みたい道が全く見えなくなっていました。

 

それは

・なんでそれをしなければいけないの?
・それは私の今やりたいことじゃない!
・人生はやりたいことだけできるものだ!

が出てきて巧妙に「できない私」を演じ
誰かのせいにしてきたからです。

 

勉強ができなくなったのは
誰かのせいではなく
全部私が選び、私が仕向けたこと。


誰かがなんとかしてくれる!と
深層意識で思っていたから。

 

これだけやってるのに!
努力してきたのに! は全部言い訳。

 

結果が出てないということは、
はき違えた努力をしてるということ。

 

穴掘って勝手に落ちて
かわいそうな自分を演じているだけ。

 

 

それが
そのまま会社勤め、主婦時代にも現れました。

 

まわりに依存的な問題のある人ばかり現れ
責任取りたくないのにリーダーにされ
仕事量多すぎ、終わらない、なんでなんで・・・?

 

子育てはこんなにも大変!
家事もこんなにも大変!
私ばっかりなんでなんで・・・?

 

あの時の「わたし」に教えに行きたい!

こんなふうに。。。

 

「なんでそれをしなければいけないの?」
 ↑
今のあなたに力をつけるには
それが一番いい仕事なんだよ。
しっかりやったら次の扉が開くよ。

 

「それは私の今やりたいことじゃない!」
 ↑
自分の好きなことだけできるようになるのは
まだまだずっと先。だから文句を言わずやりなさい!

 

「人生はやりたいことだけできるものだ!」
 ↑
もう子宮から出たの!赤ちゃんじゃないんだから!
自由は終わり!型にハマりそこでさらに
自分で大きく生み出していくことを学ぶんだよ!

とね。

 

家事が苦手で家がいつも散らかっていた数年前。

私はそれを仕事が忙しいから
私には向いてないからと逃げ
家族が後始末しないせいにしていました。

全部、「言い訳」。

 

それだけ過去やるべきことから避け
サボってきたんだと自分に喝を入れ

「これは私の仕事!過去のエネルギー借金を返す!」
と、目の前にある家事を日々淡々とやりました。

 

楽しくなってきました。
達成感を感じ、嬉しくなってきました。

 

「あ、わたし、やればできるんだ!」が
「まだまだできる、もっとできる」になり

 

家は、ウソのように広いスペースができ
掃除しやすい配置となり
散らかることもなく

 

「この家、いいな、いいな」と思いながら
朝、目覚めるのが楽しみな日々となりました。

 

実は料理もおもてなしも好きだったんだ、
と気づきました。

以前は忙しくて、ヨシケイのお世話になってたのに。

 

=====
やりたくないことが目の前に現れているのは
眠っている能力を発掘している最中だということ。
=====

 

やれば、たくさんの能力が使えるようになります。

 

そのために、今、勉強するんだよ!
と子供にも伝えたいですね。

でも、まずは「わたしから」♪

 

今からでも遅くない!

 

やりたくないことが与えられてる方はチャーンス!

 

実はそんなにやってないのに「ご褒美」だと
スイーツについ伸ばすその手をバシッと叩き
脳が活性化するものに手を伸ばしましょ。

 

え?やってる?
別にいいでしょ!って?

 

あきらめて、できないままの自分でいる後悔

 

あとから来た人に
先越されて焦って嫉妬してひがんで恨む苦しさを
たくさん味わい尽くしたので

 

時に面倒くさくて怠け心に乗っ取られるけれど
やろう!と自分を奮い立たせています。

 

やると不安は消え去ります。

 

もっとできる!
もっとやってみよう!

 

もっと世界を味わい尽くしたいから。

 

メルマガより
http://blue-winds.com/mailform4.html

 

 

 

関連記事




ページ上部へ戻る