記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなにやったのに
こんなに頑張ったのに
どうしてわかってくれないの?

 

「のに」がつく時は
最初の「目的」を間違えてたということ。

 

認めてもらうため
褒めてもらうため

それが目的だった。

 

認めてもらう
褒めてもらう

 

幼い頃から
そんな「ご馳走」をたらふくもらい
それが当たり前な世界だった。

 

だから「認め褒め中毒」になり
もっとほしくて

 

もらえないと禁断症状

お願い!
頑張るから

お願い!
言うこと聞くから

 

自分を失い
それがすべてになった。

 

認めてもらうため
褒めてもらうため

という
不安定な土台の上に

 

「努力」「頑張り」
という名のレンガを積み重ねてきたので

 

ある日ある時
その重みに耐えられず

ズブズブと、沈んでいく。

 

こ、こんなはずじゃあ。。。

 

こんなにやったのに

こんなに頑張ったのに

どうして。。。

 

ズブズブ、ブクブク沈みながら

泡たちがつぶやき

 

あとかたもなく

消えていった。

関連記事




ページ上部へ戻る