記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなに一生懸命頑張ってるのに!

 

家庭が職場が会社が組織全体が
よくなることだけを考えて

一生懸命頑張って頑張って
考えて考えての
意見&行動だったのに

どうしてわかってくれないの?
どうしてこんな結果になってしまうの?

 

と思ったことはありませんか?

 

こんなに頑張ってるのに
わかってくれない!

こんなに頑張ってるのに
認めてくれない!

 

という時は

実は本当は
「大変だ」「頑張ってる私はすごい!」
という感情を動かし

 

酔っているだけ。

 

つまり、酔っ払い。

 

または
評価称賛がもらえることを
ゴールに努力しているつもり。

 

こういう時、
全く真逆の結果となります。

 

「こんなに頑張ってるのにうまくいかない」のは
心の深いところにちゃんと原因があるのです。

 

そこを変えずに表面的にどんなに頑張っても
逆にどんどん悪化していきます。

 

アクセルは踏んでも
ブレーキも思いっきり踏んでいる状態。

 

その「ブレーキ」は
年齢と共にどんどん
しっかり長く踏むようになっていきます。

 

それが年齢以上の加齢や疲れ
眠れない原因となり
寝ても疲れは取れにくく
体調を崩しやすくなっていきます。

 

更年期だから
ではないのです。

 

「こんなに頑張ってる!」のはなぜですか?

 

もし「〇〇のために」
という言葉が出るのなら
それは嘘です。

 

自分で自分に嘘をついてます。
自分で自分をもだます詐欺師です。

 

本当は?
本当に欲しいものは?

 

それを隠して
それをもらえることを大いに期待し
頑張っているのではないでしょうか?

 

だから、うまくいかない。

 

本当に欲しいものが手に入らない。

 

受け入れてほしい人から
受け入れてもらえない。

という結果になるのです。

 

それそろ「いい人」「美化」
「誰かのために」はやめませんか?

 

自分が満たされてないと
真に与えることはできません。

 

自分の本当に欲しいものを
欲しいと思って
自分が自分に与えてあげましょう。

 

「こんなに一生懸命頑張ってるのに!」は
いつも誰かを気にしているのです。

 

その誰かに
認めてもらいたい
褒めてもらいたい
と思っています。

 

そしてその誰かに
少しでも「勝てた」と思った時
見下し優越感を感じていました。

 

認めてもらうため
褒めてもらうため
勝つために

頑張るステージからはそろそろ卒業しましょう。

 

もっと自分に集中し
なりたい自分
叶えたい夢を描き

 

それに向かってただコツコツと
目の前に与えられたことをこなすのです。

 

するといつのまにか
あなたは「その描いた夢」そのものに
なっています。

 

もっと自分に集中して!
勝とうとするのをやめて!

 

自分で自分を認めて
褒めて

 

コツコツ時間を有効に
大切に使って
積み上げていきましょうね。

 

関連記事




ページ上部へ戻る