記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のメルマガより

 


ちょっぴり辛口メルマガ
愛される『本物の大人体質』のつくり方♪2019/8/11号

 

ストレスはダメではありません。

赤ちゃんの頃の
「泣く!」というのはとても大事です。

 

1歳以降から、しつけが始まり
ダメ!危ない!と怒られ
とてもとても傷つきますが
泣いて、心の傷を癒しています。

 

泣くと、かわいそう、と思うのは
大人自身、まだ癒されてない
1歳の子供ごころがうずくからです。

 

泣くと、かわいそう、なのではなく
心の成長を止めて
自分でできることをしなくなる方が
遥かに「かわいそう」です。

 

発達障害がここ10数年の間
増えていますが

泣くとか、自分でやる!とか
新しいことにチャレンジするとか
我慢する!という
ストレスを体験させないことで
心の成長がストップし
「赤ちゃん」のまま。

 

自分で考えようとしない
自分でやろうとしない
誰かやってくれると思ってる

大人を召使にする
そんな子供たちが増えています。

 

それを、
新しい時代の子供だ、とか
特別な使命がある、とか

レインボーチルドレンとか
クリスタルチルドレンとか
ちやほやするから

どんどん子供の「わがまま」は増幅し
できることもやろうとせず
我慢が苦手で協調性がなく自分本位

不登校のまま
発達障害と言われたまま

 

これらを売り物にした
サービスや講座が大人気!
飛ぶように売れるのです。

 

でも、子供の問題は直っていません。

 

そこを直視できないのは
大人自身、自分の子供ごころを
深く見ることができないから。

泣いたら癒される、と思っているから。

 

==========
まだその先が、しっかりあるのです。
==========

 

あげくのはてに自分は
インディゴチルドレンだったとか
宇宙船が迎えにきたとか

自分のわがままをごまかすのが
超得意になっています。

 

子供は「特別な存在」ではありません。

 

赤ちゃんの頃は何もしなくても
注目をもらいましたが

それは「赤ちゃん時代」でのことで

積み上げ
できることを増やし
実力をつけ

人への配慮や思いやりを知らないと
仲間に入れてもらえず
合わせることができず
どんどん孤立していきます。

 

それをよく
「いじめられた」と表現します。

 

自分のわがままを
「わがまま」だったと
認識できないからです。

 

心は、赤ちゃんのまま、なだけ。

(心は赤ちゃんのままでも
子育てや仕事はできます。)

 

赤ちゃんの頃の
「泣く!」というのはとても大事で
1歳以降から、しつけが始まります。

ダメ!危ない!という言葉が増え
傷つくことは避けられません。

 

ならば人生は
傷つく出来事だらけだし
トラウマだらけ。

 

トラウマ = 慣れない体験

 

傷つきやすい人は

赤ちゃんの頃
相当大事に大事にされ
チヤホヤよしよししてもらい
泣かないように泣かないように
ストレスを味わわないように
守られ守られてきています。

 

ちょっと
自分の思うようにいかないだけで
傷ついた!
トラウマになった!
と表現します。

 

そんな自分は
「清らかな心」を持った
「宇宙」からきた特別な存在だと
信じています。

 

「宇宙」からきたのではなく
「子宮」からきたのに

人生でのお役目終わったら
あの懐かしい「宇宙」にかえる
などと戯言(たわごと)を言う。

 

宇宙(子宮)から来たけれど
宇宙(子宮)をゴールにしちゃダメ!

 

いつかラクできる
安心安全な場所だと
そこをゴールに頑張ってる。

ゴール設定が間違っています。

 

宇宙宇宙!と言ってる人は
よっぽど子宮がよかった人。

よっぽど出たくなかったのね。

 

心の深いところで
いつも「還ろう」としてる。

だからすぐ「落ち込む」の。

 

ストレスはダメじゃありません。

トラウマは慣れない体験をしただけ。

 

しっかり感情を感じ
大人が注意してくれたのは
自分を成長させるためだった
しつけは愛だった

とわかった時

少し「大人ごころ」が育った証拠。

 

まだまだ
「わたしは悪くない!」
「わたしが正しい!」
を握りしめていると
なかなか理解できませんが。

 

そういう人を
「固い人」と言います。

 

あなたはまだ「固い人」?

 

ごつごつ星人
と呼びましょうか?

 

または

ガンガン頑固ちゃん
と呼びましょうかね。

 

いつ

やわらかく

なりましょうか?

 

メルマガを読んだり
私のブログを読んだり
私の文章マネしたり

だけでは

 

根本からは変われません。

 

読んだつもり。

マネはマネ止まり。

 

しっかりじっくり
自分のためにエネルギーを出して
会いにいらしてくださいね。

 

寄り添って
寄り添って
寄り添って

固くなってしまった頭(脳)を
もみもみして差し上げます。

 

 

■□講座のお知らせ□■

☆チャイルドセラピスト講座☆
2018年1月グレードアップ!!
http://blue-winds.com/ac/c-ss
「ラクで安心止まり」ではない
微細な子供ごころについて学びます。

☆チャイルドセラピスト講座Proコース☆
2019年1月グレードアップ!!
http://blue-winds.com/ac/c-pro-ss
バーストラウマを深く知ると
人生の変えかたがわかります。

☆ベビーコミュニケーション講座☆
アドバイザー養成コース
http://blue-winds.com/babya

☆赤ちゃん心理学講座☆
赤ちゃんごころを知り育てる
http://blue-winds.com/babycomp

 

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

 

子供を「特別扱い」してはいけません。

それが発達障害、わがままを
増長させています。

 

「特別感」は
とても甘美で優越感に浸れます。

 

この「優越感」が欲しくて
がむしゃらに頑張ったり
常に誰かに勝とうとします。

 

優越感は麻薬。

 

禁断症状で、いつか苦しむのです。

 

優越感を求めて頑張ってるのは
自分ではなかなか気づけません。

 

大きなプロジェクトが終わった時
もしガックリくるのなら

目標、ゴール設定をはき違えています。

 

目先の結果で判断せず
長期的視野で

未来を見越した
大人ごころ目線の
新しいゴールを
設定できたらいいですね。

 

ではまた来週!

 

 

※宇宙(子宮)には還れませんよ~♪

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

○メルマガの登録はこちらから↓
http://blue-winds.com/mailform333.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━
発 行: 株式会社コズミックマザー
担 当: 西谷真美
HP :http://blue-winds.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

関連記事




ページ上部へ戻る