記事の詳細

お母さんが少しづつ
自分の正直な気持ちや感情に気づき
だんだん癒されていくと

今までいい子だったお子さんは
それを感じ

何かのきっかけで感情を爆発することがあります。

 

それはもう
今まで見たこともないくらい
まるで悪魔が憑依した?と思うくらい

泣き叫んだり暴れたり
という状態になることがあります。

 

そんな時は、
やっと溜まってたものが出てきたんだと
喜んで(喜べないかもしれませんが)

 

そのまま泣かせてあげ

「言えなくて我慢してきたのかな?」

「ママに嫌われたと思ってたのかな?」

「ずっと淋しかったのかな?」

などの言葉をかけると

 

ピンポーン!当たり~!の場合は
もっとギャーギャー泣きます。

 

しばらく出させてあげて
寝てしまった場合は寝かせておきます。

 

落ち着いたら
もう一度

「言えなくて我慢してきたんだね」
「ママに嫌われたと思ったんだね」
「ずっと淋しかったんだね」

 

そして

「ママは嫌いになったことなんて一度もないよ」
「ずっと心は繋がってるんだよ」

と伝えます。

 

これでずいぶん落ち着きますが
まだお子さんの癒しは始まったばかり。

何かの折に出てきたら
同じように対応してください。

 

ママに受け止めてくれるスペースができたのを
お子さんは敏感に感じています。

何かのサインを出してきたら
その奥の感情は何かな?と感じてみて

ふっと流れてくる『想い』があったなら
その子供の『想い』に寄り添う言葉をかけてみましょう。

 

寄り添う言葉のコツは
今の状況に合った言葉、です。

 

泣けなくて我慢している子供には
「泣けなくて我慢してきたんだね」

気持ちを言えなくて無口な子供には
「言うと否定されるのが怖かったんだね」

 

試してみてください。

 

メールマガジン登録

 

関連記事




ページ上部へ戻る