記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育てやり直したいと
何度思ったことだろう。

寝顔を見て「ごめんね」と
涙したこともある。

どうしてこんなにイライラするのか
ぶつけてしまうのか

輝く瞳、体いっぱいで表現してくる
「ママ大好き!」を受け止められない。

母親失格だ!
私がお母さんじゃなければ
この子は幸せなのに。

それでも子供は「ママがいい」と言う。

湧き上がる感情をどうにかしたくて
たくさん本を読んだ。

たくさん勉強もしてきた。

けれど
すぐ元に戻ってしまう私がいる。

「どんな気持ちや感情も
感じていいんだって!」

「ダメなものはないんだって!」

ある日、ママ友が教えてくれた。

初めての言葉だった。

え? いいの?

子供のことが嫌い、とか
面倒くさい、とか
あっちいって
さわらないで!って思ってる
私でもいいの?

「いいんだ・・・それで・・・」

少し、モヤモヤが溶けていった気がした。

少し、楽になったような気がした。

そして、子供のことが少し、いとおしく感じる。

不思議・・・。

「嫌っていたのはね、
実は子供じゃなくて
あなたの中の 『内なる子供』の気持ちを
あなた自身が嫌ってただけなんだよ。
それを子供に投影して
子供のことが 嫌い、面倒くさい、
あっちいってって思っていたの。」

ママ友はさらに教えてくれた。

そうなんだ・・・

心の奥にずっとあった固まりが
すーっと溶けていく感覚があった。

出てきた感情や気持ちをそのまま感じ
イメージで胸の中に
まあるく居場所を作ってあげる。

まだ好きにはなれないけど
正直な気持ちをそのまま認めてあげる。

これを日々練習していくこと。

「今度会う時までの宿題ね♪」

「私もこの方法で、ずいぶん楽になれたの。
家庭が平和になっていったんだよ。」

「これができるようになったら
また次のステップがあるからね」

もっと先が知りたくなった。

子供たちに心から 「大好き」って伝えたい!
幸せな家庭を築きたい!
その方法があるのなら知りたい!

「実は人間関係は全部
お母さんとの関係
自分をどう思い
自分とどうつきあってるかの反映なんだよね~♪
感情を癒し
自分軸としっかり繋がることだよ。」

ママ友は、別れぎわに
さらに気になる言葉を残していった。

自分軸?

なんだか「自分軸」に大きなヒントがありそう。

 

私はもっと知りたくて
自分軸と繋がることを学べるという 扉を開いてみた。
http://blue-winds.com/ac/c-ss

関連記事




ページ上部へ戻る