記事の詳細

子供が小学校に上がってから
家にいて「おかえり」と言ってあげたくて
私は仕事のやり方と時間帯をガラっと変えました。

 

最初はできるかな〜?と思っていましたが
なんとかなるものです。

 

昔から朝型だったので
朝早く起きて一番大切なことをやります。

 

短い時間、集中してこなすことで
生活にメリハリが生まれ楽しくなります。

 

朝は、普段の3倍効率よく仕事ができる
と言われています。

 

今までは忙しいのがいいこと
スケジュール帳は予定でいっぱい!がいいこと
と思っていましたが実は違いました。

忙しいと、気持ちにゆとりがなくなります。

 

忙しい中ぽこっと予定が空くと
そこにはどうでもいい雑用が
入り込んでしまうものです。

 

私の場合
空いた時間はアイディアが湧く時間。

 

子育てと家事からも
仕事のヒントをたくさん得ることができました。

 

どんな暮らし方をしたいのか
どんな生き方をしたいのか・・・

 

「一切制限がなかったらどうしたい?」
と自分に問うてみた時

かすかに本当に望む答えが
自信なさげに出てくるのです。

 

それを行動に移す勇気はまだなくても
心のどこかに大切に
種として置いておいてください。

 

私はそうやって
専業主婦の頃からひとつひとつ
自分の望むことを実現してきました。

 

子供の成長に合わせて
「仕事」と「暮らし」を少しづつ変えてきました。

 

1日24時間という時間は等しく与えられています。

この貴重な時間
優先順位を決め、どう使うかは日々の選択次第。

 

誰かの愚痴を聞く時間
誰かの世話をする時間
誰かと一緒に過ごす時間

 

イヤならなぜ断らないのか
他の人にまかせないのか
自分でできる方法を教えないのか

受け入れているのは自分なのに
選択しているのは自分なのに

あとでなぜその相手のことを
悪く言うのでしょう。

 

実は自分自身に一番怒っているのですね。

「ノー!」と言えなかった自分に。

 

いい人を演じていた自分に。

 

こうやって、
時間とお金を無駄にしています。

 

ここでしっかり立ち止まり
あなたの時間の無駄使いについて
見つめてみませんか?

 

あれもやりたかった
これもやりたかったと
後悔したくないですよね?

 

一旦、欲望の塊となり
ほしいもの、やりたいこと、
なりたいものを全部紙に書き出し

ふわっとそこから
浮かび上がってくるものを見つけてください。

 

あなたの本当の願い
本当のやりたいことに気づきます。

 

そして、そこから今できる
小さな一歩を踏み出してみてください。

 

小さな小さな一歩でいいんです。

 

その後押しをするような
背中を押すような言葉を
これからも書いていきます。

 

関連記事




ページ上部へ戻る