記事の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
60代の、お母さんがいました。
 
ずっと空気のように一緒にいたご主人が
ただの検査入院だと思っていたのが
突然様態が変わり
亡くなってしまいました。
 
それ以来うつ的症状から抜けられなくて
家からも出られず家事もできず
ずっとふさぎこんでいるとのこと。
 
家族はお母さんのことが心配で
ホームページを見つけ紹介しました
 
喪失の感情にはプロセスがあります。
 
そのプロセスのどこかで
感情を感じることを許さない場合
そこで停滞し固まったまま
身動きとれない状態になります。
 
感情はダメなものではない
ということを知るだけで
どれだけ楽になっていくことだろうと
私は色々な方の話を聞くたびに
切に思います。
 
お母さんが一番苦しんでいたのは
 
もっとお父さんにこうしてあげればよかった!
もっとできることがあったんじゃないか!
という後悔の想いでした。
 
そして、ご主人から
自分は愛されていたのだろうか
という想いも持っていました。
 
長年連れ添うと、
いつもそこにいるのが当たり前で
言葉や態度で愛を
伝え合うことはあまりありません。
 
セラピーで
喪失の感情をひとつひとつ解放し
お母さんはずいぶんすっきり楽になりました。
 
そして
こんなことを思い出しました。
 
「お父さんが危篤状態で
もう意識がない時に泣きながら
  
『お父さん今までありがとね、ありがとね』
と言ったら
 
ものすごい力で握っている私の手を5回
ぎゅ、ぎゅ、ぎゅ、ぎゅ、ぎゅ、と
握ったんですよ。
なんででしょうね。すごい力だったんです。」
 
私はピンときて、涙が溢れてきました。
 
「きっとそれは
『あ・り・が・と・う』ですよ」
 
お母さん「えっ?(涙)」
 
「そして
あ・い・し・て・る」ですね。
 
私もお母さんも、
一緒にいっぱい泣きました。
 
愛はいつもそこにあったということ
 
お父さん、夫の愛に包まれて、
深いところで一緒に泣きました。
 
空気のような、日常の中に、
いつも当たり前のように、
愛があったということ
 
言葉を超えた存在の大きさ
亡くなったあとも心の中に
生き続けている
 
時間も空間もない
今ここに生きている。
 
「なくならない
形を変えて
いつもそこに存在している」
 
いつかこの意味が深く理解できた時
失うことが怖くなくなります。
 
なくならない
形を変えて
存在している
 
これが
真実なのです。
 
 
==========
メルマガの中の
「あるストーリー」より
==========

関連記事




ページ上部へ戻る