記事の詳細

インナーチャイルドの癒し・・・

 

幼い頃の内なる子供が泣いているので
イメージで寄り添ってみました。

 

いっぱい傷ついてきたのね
淋しかったね、怖かったね、不安だったね

言いたかったこと全部言ってごらん
お母さんになんて言いたかった?

 

もっと甘えたかった、わかってほしかった
認めてほしかった、ほめてほしかった
ちゃんと見てほしかった、関心もってほしかった
・・・ほしかった、ほしかった、ほしかった、ほしかった

 

今までの癒しはここ止まり!

 

この先があります。

 

子供の意識で見ていた世界から
くれなかった、くれなかった、と思い込んでいるので

 

そこを書き換えることがとても大切です!

 

たしかにお母さんはイライラしてたし
あなたを叩いたり無視したり暴言吐いたりしました。

 

人は、されてイヤなことは拡大して記憶します。

 

してもらえて当たり前のことはスルーします。
(添い寝、一緒にお風呂、ご飯をつくってくれる、身のまわりの世話など)

 

だから、くれてるのにもらえてない!と
勘違いして記憶していることもたくさんあるんです。

 

子供は、今ほしい!

今、くれないと、あとでもらえても
あまり記憶に残りません。

 

今、くれなかった!!

抱っこしてほしかったのにくれなかった!
甘えたかったのに、赤ちゃんの世話で甘えさせてくれなかった!
話を聞いてほしかったのに、上の空だった!
見てほしかったのに、見てくれなかった!

 

「今!欲しかったのに~!!」
「あとじゃヤダ~!!」

 

ちゃんとあげてたよ
あなたが受け取らなかったんじゃない!
ちゃんとあげてたのに、もっともっととザル状態

どんだけ欲しがれば気がすむのかな?

 

ほしかった、ほしかった、ほしかったって
まるで「赤ちゃん」のようね!!

 

時に叱る! 内なるチャイルドに。

 

そう
赤ちゃんはもらえるのが当然だと思っています。
自分の思う通りになると思っています。

 

そんな意識のまま大きくなるので
欲しい時に欲しい形でもらえないことを
とてもとてもストレスに感じるのです。

 

それで
「甘えれなかった」
「見てもらえなかった」
「かまってもらえなかった」
「ほっとかれた」と記憶し

勘違いしたままでいることって
とってもとっても多いんですよ。

 

「インナーチャイルド」とは、傷ついたままの内なる子供ごころ。

世間一般ではそう呼ばれています。

 

そのインナーチャイルドの中にも
胎児ごころ、赤ちゃんごころ、イヤイヤ反抗期、思春期の
インナーチャイルドもいるんです。

 

よしよし!だけでは癒されない。
号泣してすっきり!けどまた苦しいのはなぜ?

 

寄り添うことも大切ですが
子供の意識で勘違いしている記憶を書き換え
きれいにお掃除していきましょう。

 

これだけ癒してきてるのにまだ苦しい方は
ここ、要チェックです♪

 

そんな話をしています。

Webセミナー
母親との関係を見つめる~マタニティ期から赤ちゃん、大人までの癒し

 

 

関連記事




ページ上部へ戻る