記事の詳細

2歳の女の子がピエタセラピーのグループセッションに
お父さんとお母さんと来られました。

玄関に入るなり、両手で顔を覆うくらいの激しい人見知り。

生まれてからずっと
お父さんがちょっとでも抱っこすると、もうギャン泣き。

お父さんは子供のことがかわいいので、
なんとかして仲良くなりたいけれど
目も合わせてくれず、いつも悲しい思いをしていました。

 

妊娠中、お父さんは男の子がほしかったけれど
生まれてからは、女の子でもかわいいと思っています。

 

もしかして「女では愛されない、お父さんに嫌われた」
と思い込んでいるのは?

そこが原因だろうと
大きな期待を胸に、セラピーがスタート。

 

最初、お父さんに言葉をかけてもらいました。

「女の◎◎がかわいいんだよ、女の◎◎が大好きなんだよ」

「(そんなわけないだろー)」と言ってるかのように
ぎゃーぎゃー激しく泣きだしました。

 

それでも、泣き声と泣き声のすきまを狙って

「女ではダメだって思ったのかな?」
「女の◎◎が生まれて嬉しかったんだよ」

何度も何度も伝えます。

 

約40分。
時間がきたので終了しました。

女の子は特に目立った変化もなく
ただ、ぎゃーぎゃー泣くだけのセラピーで終わりました。

 

振り返りの時間
参加されたみなさんに
今日の感想と気づきをシェアしてもらいます。

 

他の方がお話してくださってる間
2歳の女の子は、もう手で顔を覆ってはいません。

お父さんのそばで、ひとり静かに遊んでいます。
それをお父さんは温かく見ています。

 

その時
聞こえるか聞こえないかの小さな声で
うつむきながら
「お父さん、好き♪」と言ったそうです。

 

そうシェアしてくださいました。

 

その後、玄関までお父さんと手をつなぎ
3人穏やかな表情で帰っていきました。

 

よかった!!

 

お父さんに拒絶された、嫌われた!って
ずっと思い込んでいたのね。

 

その勘違いが書き換わり
本来のかわいい笑顔に戻りました。

 

もしこのまま大きくなったなら
クラスの男子が苦手になったり
男性が怖い、と感じる女性になっていたことでしょう。

 

お父さんの淋しさと悲しみも溶けて本当によかった。

 

そんな感動の
セラピーのケースでした。

 

 

メールマガジン登録

 

関連記事




ページ上部へ戻る