記事の詳細

ある時から、えびのようにのけぞって泣くようになり
抱っこしても、あやしても、何をしても泣きやまなくて
困り果てたんです、という相談を結構受けます。

 

汗びっしょりになり、手足がものすごく冷たくて
体が硬直し、唇が紫色。

泣きすぎてどうにかなってしまうのでは?と心配で心配で。

 

そんな話も聞きます。

 

なにがどうなってるのかわからないと
本当に不安ですよね?

 

今までなんともなかったのに
ある日あるきっかけからそのような症状になり夜も眠れない。

 

ちゃんと理由と解決法があります。

 

ただ、ちょっと荒療治です。

 

えびぞりになってのけぞり泣いたら
横に抱っこしながらそのまま泣かせます。

 

ママに嫌われたって思ったのかな?
自分はダメだって思ったのかな?
自分のせいだと思ったのかな?

 

この言葉かけのどれか
または全部に激しく反応し
もっとのけぞりもっと泣きます。

 

ぴんぽーん!
当たり!

 

「そうなんだよー!」です。

 

そっか〜
ママに嫌われたと思ったんだね〜
自分はダメだって思ったんだね〜
自分のせいだと思ったんだね〜

 

でもね、それは違うよ!
あなたの勘違いだよ!

 

ママは嫌いになったことなんて一度もないよ

 

生まれる時になにか痛くて怖い思いをして
ママにしばらく会えなくて
そう思ってしまったのかな?

 

もう大丈夫だよ、痛いの怖いの終わったよ
だから安心してね・・・

 

泣きながらそんな言葉かけを続けていくことで
激しく泣いたり、ちらっと目を見てまた激しく泣いたり
を繰り返しながら

 

だんだん目が合う回数は増えていきます。

 

泣き切らせると、心も体も大きな解放が起き
すっきりした表情になります。

寝てしまったら寝かせておき、目が覚めたらすっきりんこ!です。

 

 

おっぱいを嫌がったり

活魚のようにのけぞって泣くんです

ということで困っているママたちに

 

こんな癒しの方法があるということを

知っていただきたいと思います。

 

出産時、時間がかかるお産だったり
促進剤を使った場合
長期間ママと離れた経験のあるお子さんに

よくある症状です。

 

もしどうしても自分では難しければ
相談してくださいね。

 

関連記事




ページ上部へ戻る