記事の詳細

人は興味のあるものを目にすると
あっち、こっち
行きたくなるものです。

 

これは子供と同じ。

 

なんかないかな?

おいしいもの
おもしろいもの

 

見つけて食べると
見つけて体験すると

 

満足してあきてしまいます。

 

そしてまた別のものが欲しくなります。

 

なんかないかな?

パクっ!

 

恋愛に中毒
スマホやゲームに中毒
情報収集に中毒
ほめ言葉に中毒
スリルや刺激に中毒

 

それなしではいられない!
もっと欲しくなる!
妄想が止まらない!

 

これ、中毒、です。

 

スマホ、携帯、子供、異性
仕事、人のためと犠牲・・・

 

中毒をやめられると
今やるべきことに集中できます。

 

中毒は
「それなしではいられない」
「自分の中には持ってない」
という思い込みからきています。

 

難しいですが
まずは中毒しているものを見つけ
いかに一日の時間を奪われているかを明確にし
そのままでいいのかを自分に真剣に問います。

 

いいわけない!

 

なら
その中毒しているものを罪悪感なく
思いっきり味わいつくし

 

将来どうなりたいかのイメージを描き

 

中毒をやめないと
どんな未来になってしまうのかイメージし
そうなった時のイヤな感情まで感じ

 

静かに自分自身に
「やめます!」と宣言します。

 

宣言した時の、体と心に広がる波紋を感じながら
おさまるまで待ちます。

 

そして、
今一番先にやらなければいけないことを
やりましょう。

 

自分を律しないと
いつまでも流されたまま

 

気がつくと
足腰思うようにならなくなっていて

 

思考も今のように働かなく

美しさも衰え

誰からも相手にされなくなります。

 

愚痴と不満だらけ

 

昔はよかったと、過去の栄光にひたり
同じ話を繰り返す人になりたいのか・・・

 

今、あなたのまわりにある
集中力を削ぐものを
排除することから始めてみましょう。

 

関連記事




ページ上部へ戻る