記事の詳細

飛行機に乗り
空の上から地上を眺めると
すべてが本当に小さく見えます。

 

雲の上につき抜けると
いつも綺麗な青空。

 

セラピールームの屋号
「BlueWinds」は

 

心の本質はみな青空
すがすがしい風が吹くことで
滞ってた気持ちや感情が消え去り
さわやかで穏やかな
本来の「青空」になる

 

そんな想いでつけました。

 

 
あれから13年。

私自身の心がずっと青空であり続けることは
もちろんありません。

 

 

曇りの日も雨の日も雪の日もあり
たまに台風がきたりして

 

そのたびその状況を認め、味わい
また青空になる方法が
ずいぶん上手になりました。

 

天気に気持ちが左右されるのは
自分の心が映し出され
今は変えられないその感情を否定し
嫌っているからです。

 

曇りの日の過ごし方
雨の日の過ごしかた
雪の日のおしゃれを楽しめれば

 

何が起きても「そっか」と
あまり気にとめなくなります。

 

変えられないことを変えようとしない
ということは

 

今を受け入れている、ということで
自分を超えたはるか深いところと繋がります。

 

そこから静かに
「こうしたい」「本当はこう思ってる」

そして
「満たされた感覚」が現れてきます。

 

 

私はこの感覚を
「やすらぎの空間」と呼んでいて

 

この空間から感じること
思ったことをやってみると
うまくことは流れていきます。

 

その想いに正直に生きると
ずいぶん人生は楽しくなります。

 

 
誰かの持ってるものを見て
誰かのやってることを見て
誰かの生き方を見て

 

私は持ってない
私にはどうせできない

と人はよく思います。

 

 

あれこれ考えた時と比べた時に
そのような苦しい気持ちになります。

 

 
持ってるものに気づき
持ってるもので生きる
今いる場所で・・・。

 

 

自然と
在ることの感謝の気持ちが溢れてきます。

 

 
もともとあるのに
「ない」を経験したくて
自作自演のドラマを創り演じます。

 

本当は欲しくないのに
誰かが持ってるとマネしたくなります。

 

 
やすらぎの空間に戻ると

今ここに全部ある
形を変えて

ということがわかってきます。

 

毎日何も考えない時間を
5分でいいからつくってみてください。

 

懐かしいあの空間
満たされていた
何の心配もしてない空間が
感じられると思います。

 
誰にも邪魔されない
自分自身と一緒にいる空間に戻り

 
大切なあなた自身を
感じてあげましょう。

 

ーメルマガより

http://blue-winds.com/mailform4.html

 

space

 

関連記事




ページ上部へ戻る