記事の詳細

5年前から、ビジネスについて学び実践してきました。

 

私は心理セラピスト、とずっと名乗ってきましたが
「心理セラピスト」は、いわゆる「職人」です。

 

人の話を聞き、洞察し、アドバイスは得意でも
売ること、広めることは、
別の脳の回路を使わなければいけないので
まったく違った視点から考え、行動しなければいけません。

 

そんなことを痛感した5年前。
個人事業主から法人を立ち上げた頃。

ビジネスに関しては、まだまだお子ちゃま
いえ、赤ちゃんレベルでした。

 

いろんな教材を購入し、学び、やってみて
わかったところと、勘違いなところ
わかったふりなところと、わからないままなところがあり

直接教えてくれるメンターが欲しい
仲間が欲しい、とよく思ったものです。

 

インターネットを使ったネットマーケティングも
5年前とはかなり変わり
今までのやり方では通用しなくなってきました。

それでも同じ古いやり方を販売し
初心者は知らずにその高額な教材を購入します。

 

「これさえあれば大丈夫!」と稼げる自分を夢みて
家族の反対を押し切って、また借金をし
わくわくな未来を描きながら
「こんなはずじゃあ」と
あとでがっくりくるのを、買ったばかりの頃は知りません。

 

別の脳の回路がないので、それを選んでいいのか
将来ホントに使えるのかがわからないのです。

ひと昔まえの、ちらしによく入ってきていた
「通信教育」と同じですね。

 

資格さえ得れば仕事があるだろう
資格さえあればお客さんはくるだろう、と
どうやら「お子ちゃま」脳は自分に都合のいいように解釈し
わくわくな気持ちに餌を与え続けます。

学び終わった時からが、スタートなのに。

 

学び終わって満足。楽しかった。
おもしろかった。役に立った。

 

それで?
それからどうするの?

投資した分、回収できますか?
家族にも、そう言われてませんか?

 

ものすごい勢いで、
お金を稼ごうとすると邪魔してくる重い思いがあります。

 

それは
「誰かがなんとかしてくれる」
「誰かやって」。

 

深い深層意識にごっそりあるので
なかなか自分では気づけません。

 

本当に、ものすごい大きな重くて黒いものに
体全体が逆方向にひっぱられる感覚です。

 

これを私は「赤ちゃんごころ」と名付け
赤ちゃんごころとの向き合い方
育て方を教えるようになりました。

 

私自身、自ら体験し
どんなに自分の感情を見てきたとしても
かなり手ごわい存在だというこということが
わかりました。

 

「赤ちゃんごころ」=「デビル」
とでも言い換えましょうか。

 

ビジネスをやるには
売り上げを上げるには
お客様に喜んでいただくには
別の脳の回路をつくり
その回路を太くし続けていく日々の努力が必須です。

 

それがまたなかなか面倒くさい。

よっぽど家族を養わなければいけないか
大きな借金を抱え払えなければすべて失う
くらいのプレッシャーがないと
やり続けることは本当に難しいのです。

 

幼い頃、親が大人が
困ったらすぐ手を差し伸べてくれた
ストレスを与えないようにしてくれた
よしよしされた
守られてきた人であればあるほど
自分で稼ぐ、という発想にはなりません。

 

表向きはそう見えても
深層意識には
「誰かがなんとかしてくれる」
という思考がごっそり溜まっていて
まずはその大掃除をしなければ

あえて大変なきつい仕事を選び
自分で自分を痛めつけ
体調を崩して仕事しなくてすむような
現実をつくりがちなのです。

 

これから
もっと他の脳も使っていきましょう。

まだまだ使ってない部分がほとんどです。

 

頭だけでなく
行動することで
その新しい回路はだんだんつくられていきます。

 

ただ、間違ってほしくないのは
なんでも行動すればいいというものではない
ということです。

 

ちゃんと、その行動の「意図」は何か
目指す方向、欲しいものは何か、を
はっきり明確に言葉化することが大事です。

 

この、「明確にする」「言葉化する」が
また難しいし時間がかかる!

 

これについては、別の機会に書いていきますね。

それではまた。

 

 

「ヨシヨシはもういらない!」
「しっかり稼ぐ方法、生きる知恵、本物の大人になる方法を教えてほちいな~」

 

 

関連記事




ページ上部へ戻る