最幸の自分を創造する!過去を全肯定し自己肯定感を上げる講座

 

最幸の自分を創造する!
過去を全肯定し自己肯定感を上げる講座

7/7募集スタート!

 

もっと幸せになりたいですか? 本気で望む未来を創りたいですか?
なぜこんなことが?と思いますか?

心のことを学んでも前に進めてないように感じるのは、過去にまだ囚われているからです。
自分を相手を否定しているからです。責めているからです。

変えられないものを変えようと、エネルギー、意識の使い方を、はき違えているからです。

 

ふとよぎる後悔、不安、罪悪感、許せない人、許せない出来事、失った人、失ったもの
自分の相手の欠点、もしあの時あの選択をしていたらという思い・・・

それらがまだ深いところに残っていて、幸せな未来を創る邪魔をしています。

 

手放す、忘れる、考えないようにする、のではなく
癒す、自分に返す、修正する、だけでなく

バランスをとる!

 

私自身、「バランスをとるワーク」を続けてきたことで、ものすごく晴れやかな気持ちになり
心をよぎる邪魔な思考と感情が消えていき、ゆるぎない安心感と感謝の想いで常に満たされ

時間とエネルギーを効率よく有効に使えるようになり、さらに軽やかになりました。

大胆に新しいことにチャレンジできるようになりました。

 

この講座プログラムの中で、じっくりたっぷりプロセスをご堪能いただきたいと思います。

皆さまのご参加を、心より楽しみにお待ちしています。

 

 

日 時: 2024年8月 時間3時間 ※事前課題あり
※以下の日程の中からご希望の日をひとつお選びください。

①8/1 10:00-13:00 満席
②8/4 9:30-12:30 満席
③8/4 18:30-21:30 満席
 7/7募集開始から6日間で全クラス満席になったため
 以下↓増設しました。(7/13)

④9/6 10:00-13:00 満席
⑤9/7 18:30-21:30 満席
⑥9/15 9:30-12:30 満席
 7/21 6:30現在↑の空き状況です

 

講 師: 心理セラピスト 西谷真美 プロフィール

受講料: 11,000円(税込み)
※お支払い確認後、お席確保、ZOOM.IDと「課題」をお知らせします

受講形式: 当日ZOOM受講

 

定 員: 各クラス少人数制 ※定員になり次第締め切ります

受講資格:①②両方当てはまる方
①西谷真美のメルマガ読者
②講座(対面またはZOOM)を受講したことのある方

 

満席となりました。受講希望の方は、下の「申込フォーム」より
希望日を入力してください。

 

次回開催ご希望の方は以下のフォームより
お申込みください。

 

 

 

メルマガ「大人ごころを育てる美Happyライフ」より

・・・(略)

「ちまたでは
もっと自分を大切にしていい!
と言いますが
具体的にどうすればいいか
わかりませんでしたね?

自己肯定感
セルフ・エスティーム
自己価値を上げる
ともよく聞きますが

そんなワークショップに参加しても
その場では皆で盛りあげるけれど
帰り道、家に帰ってから
どんどん盛り下がるのを感じていましたね?

私は私が好き!
私の価値を認めてるの!きゃぴきゃぴ♪
と言ってるわりには
どうして私生活そんななの?
と思った人もいましたね?

自己肯定感という言葉だけが上滑りし
勢いはあるけど中身がない
お子ちゃま!天真爛漫!に
なーんか違和感を感じたことも
ありましたね?

え?
あなた、一応、大人、だよね?と。

こういう人はほっといて(笑)

中身ギッシリあるのに全然認めてない
すごく価値があるのにないと思ってる
当たり前にコツコツ積み上げてきた人に

本物の自己肯定感を知り
認め、活かし、満たされ
人生を謳歌してほしいと思います。

優越感と劣等感を行ったり来たり
依存の塊り、謎のプライド、自信のなさを
見返りを認める頑張りで隠してきた私

バンパイアと魑魅魍魎たちを
成仏させてきた「私」から
(※例え、ですよ)(^-^)b

過去を全肯定し
自己肯定感を高める方法をお伝えします。

老いを受け入れる
欠点を受け入れる
未熟さを受け入れる生き方。

心の器が広がり
柔軟で寛容
焦らずゆっくりじっくり進められる。

オラオラだった若い頃とは違う
静かで緩やかで優しい生き方在り方。

勝った負けたという戦場から
幸せにしかならない、やすらぎの場所へ。

常に進化し続ける自分への感謝と喜び。

自己肯定感とは
ただ「自分を大切にする」だけでは
全然ズレていて実は悪化します。

大切にされないし
見下されるし
馬鹿にされるし
批判され続けるし
ないがしろにされるし
なめられるし
いじめられるし
利用され続けるし
取られて奪われます。

自己肯定感を認められないのには
理由があったんです。

ずっと奥に「ブロック」がありました。

そのブロックを外す方法
プロセス、プログラムを
講座にしてお伝えします。

・・・

 

内容は辛口ですが、痛くてもついてこれそうな方!
メルマガ登録はこちら→ メルマガ登録

 

 

ページ上部へ戻る